homeworkshop ⟩ 車中泊の考察・工作編


report: kazzee ⟩ 1999/08/17
update: 2001/10/30
page: 12

「CITYで旅するヒト達を支援!」の名目の元、色んな仲間を人体実験した結果、やはり睡眠スペース(全長1800mm前後を想定)が安易に確保出来るのは、前席部周囲ダ!と思い込むに至る。

元々、着席した状態を理想として設計されているCITYのシート。ここで寝る場合、やはり何かしらの補助器具を使った方がラクだなーと発想を転換し、工作を開始しました。


■ そして工作

08「そうだっ!CITYは後部座席が外せるんだった」

外せる事は分かっていたが、取り外しの際によく内装を傷つけ易く、またソレの保管場所にも困るので、普段はあまりいじらない後部座席。ここはひとつ取っぱらってしまおう。そうしたら広々とした空間が出現。前席を倒せばそこは荷室と合わせおよそ1900mmの、まさに「寝て下さい」と言わんばかりの寸法。

早速前席と荷室の段差を埋める為の台座を作ってみて、そこにスリーピングマットでも敷いてみよう・・・。


09「手軽に購入でき、簡単に加工が出来る材料は何か・・・」

1人ブツブツ言いながら近所のホームセンターを何件か周り、今回的を絞ったのはベニア合板&アングル材。最近DIY店では、カット加工や木工具貸出しを行う店鋪が増えている。とは言え、誰でも出来る加工じゃないと意味がない。と言う事で、ベニア板はカットだけしてもらって天板用に、アングル材(ヤザキのイレクター)は構造材として使用する事に決定。

実はその前に、新聞チラシの裏に何十枚(?)もアイデアスケッチを行い、構造を決定。しかしあまりにもヘタクソな絵の為、ココでお見せ出来ないのが残念です。そして時折行き詰まる発想を一杯のビールが助けてくれた事も付け加えておきましょう。

※画像内、左上はベニア板(550mm*900mm、2枚)・右上は市販のスリーピングマット。


10ここでテーマとしたのは、単純な部品構成と収納性。

構造体は2ピースとし、後部座席装着時にも収納出来る様に、荷室後部に納まる寸法とした。などと言いつつ、実は適当な寸法で作ってみたら運良く納まってしまった。余談だが、SHINOVYくんはコレを『ネドコンポ』と命名。


11そして組み立て。

前脚部(H構造)を上部フレームにつめ(イレクターのジョイント部品)でパチンとはめ、前後方向のブレを無くす為に、前脚部と上部フレームに筋交い(ナナメ材)をパチンと装着。そして体重を支える真ん中の1本脚を、座席と背もたれの隙間に差し込みます(1本脚は座席と背もたれのクッションに挟まれて自立)。


12次はもう一つの上部フレーム(頭側)を取り付け、後脚部(コの字構造)をパチンとはめ、やはり後脚部と上部フレームに筋交い(ナナメ材)をパチンと装着。


13そして2ピースとしたベニア材を置き・・・。


14スリーピングマットを敷いて横になれば出来上がり。少々寝返りを打っても大丈夫で、慣れれば組み立てに掛かる時間は2〜3分。一人旅なら、セットしたまま運転も出来る・・・カモ。

「やれやれ、コレで車中泊の考察も完了か」と思われたその時、他の仲間達より「RとTURBO以外は後部座席がボルト締めだが?」と。・・・え?知らなかった・・・。ああ、後部座席。車中泊考の道はまだまだ長いようだ。(つづく)

page: 12

home